一般社団法人 全国さく井協会 中央支部
 
 | トップ | 役員名簿 | 会員名簿 | お知らせ | 入会案内 |
 
 支部長挨拶
             
 
      一般社団法人全国さく井協会中央支部第47回通常総会において支部長を拝命しました      
      島田恭宏です。私は中央支部で理事及び監事として20年間過ごし、この度、知久前支部
      長の後任として支部長に任ぜられました。
      
      コロナ禍という言葉が出て、足掛け二年の月日が経ちましたが、只今さく井業界は大きな
      変化の時を迎えています。それは「水循環基本法」が出来、更には新資格である「地下水
      利用設計管理技術者」が設けられているからです。新資格についてはコロナの影響で、
      足踏みを余儀なくされていますが落ち着き次第、実行可能な状態です。また、登録基幹技
      能者取得についても一歩一歩着実に進めています。
      知久前支部長の下で種蒔きをしたものが成長期へと差し掛かっております。収穫し、果実
      を味わうには今しばらくの期間が必要ですが、我々はこの苗を大切に育てていかなくては
      なりません。また、同時に協会のあるべき姿を模索し続け、後退することなく常に進化する
      姿勢を忘れずにいる事が協会員の皆様の為にもなる事と考えています。
      
      一方、世の中に目を向ければ災害が多い日本において、常にあるはずの「水」の確保がい
      かに難しいかを痛感させられる事例もあります。ライフラインの代替としての地下水の重要
      性も高まっており、比例して井戸の重要性も高くなってきています。更には人口減少に伴う
      ライフライン自体の収束も議論に上る事は避けられません。公営水道の管路保持に膨大な
      費用が必要となる中、水道を含むライフラインの収束と水源移転は最重要課題となる可能
      性があります。
      
      業の継承・非会員との差別化・社会貢献等、協会がやるべき事が山積しています。 個の企
      業では出来ない事をするのが協会であり、集団としての強みであると考えています。その強
      みを活かす活動を行う為には、会員の皆様のご協力を賜らなければ何も出来ません。
      平素より会員皆様の協会事業活動への御協力、御理解に御礼を申し上げると共に、更なる
      ご助力を賜りますようお願いをして、新任ご挨拶とさせて頂きます。
 
      最後に、協会員皆様の益々のご活躍とご健勝をご祈念申し上げます。
 
 
          一般社団法人 全国さく井協会 中央支部

                  支部長  島 田 恭 宏